共働きの お母さん、お父さん頑張れ!!

2020.06.01

スタッフブログ

私は子供を産んで女性が仕事をする事に大賛成です。なぜならお母さんであり女性である前に一人の人間です。子育てはとても大切ですし、子育ては、仕事以上に、自分の思うように何一つ運びません。仕事だったら努力したら、そのプロセスがそれなりの経験として積み重ねられるし、いつかは結果に繋がるでしょう。子育ては、別人格を持った子供が思うようには全く行動してくれません。思うようになるというのは、傲慢の極みですよね。それを、我慢したり、子供の成長するのを首を長くして待つ母親のガマン大会です。

そうこうしている間にお母さんは一人の人間として成長させられているのでしょう。そんなお母さん業をしながら仕事を続ける事は並大抵の事ではありません。でも子供と関われる年数は実はあっという間です。子供が大きくなった後、自分が、気に入らない人もいっぱいいるような社会の中でバランスをとりながら一つの事を続けたそれ自体が、人として大きく成長し、子供にもその姿を見てもらうことができるでしょう。

子育ては、とても大変な事がいっぱい待ち受けているでしょうから、仕事復帰はそれなりの覚悟が必要だと思います。子供が中学になる頃には、ずいぶん状況が変わってきていると思いますから過ぎてみればアッという間です。今の時代は、昔に比べると、産休 育休と恵まれた制度がある上に、待機児童が多いとはいえ保育園に預ける事自体が当たり前になっています。

仕事が続けられる条件はここ数十年でだいぶ整ってきています。そんなお膳立てがあるのですから、それにあぐらをかいてそれ以上の要求をするのではなく、例えば、その時期の給料の大半を子供の育児に充てる位な心構えを持って欲しいと、会社を経営している立場からすると思います。

現代は女性の実家の大きな力を借りて子育てをしている話もよく聞きます。現実その助けがなければ仕事は続けられないかもしれません。実家の両親にしてみれば、やっと子育が終わって健康なうちに自分たちの時間を楽しみたいと思っている高齢者の話もよくよく耳にします。

現状はなかなか変えられないと思うので、そんな犠牲の上に今がある事の感謝を忘れないでしっかり仕事を続けてほしいですね。つわりだから具合が悪い、子供が熱を出したから早く帰して欲しい等やむを得ない事がいっぱいあるはずです。

会社はお金を払って貴女の存在を大切にしています。「お母さん、お父さんの子育て」を親族そして社会が応援しているのですから、その分覚悟して子育てと仕事を両立してください。

年を重ねるときっとなんらかの物があなた方に残っていると思いますよ。頑張れお母さん、お父さん。