ダイヤの形も選べる!5つ選ぶだけで作れるオリジナル婚約指輪 | ブライダル | galle

ダイヤの形も選べる!5つ選ぶだけで作れるオリジナル婚約指輪 | ブライダル

2021.06.04

 ブライダル

婚約指輪のダイヤは丸くなくていい

一般的な婚約指輪への考えとの違い

婚約指輪と聞いてこんな指輪をイメージしていませんか?

「これだったら結婚指輪だけにして、新婚旅行をもう少し豪華にしよう」と考えると思います。しかし、このダイヤのカットやリングのデザインまでご自分で選べてオリジナルの婚約指輪が簡単に作れるとしたらいかがでしょう?きっと婚約指輪を着けて新婚旅行に行きたくなるのではないでしょうか?

量産されたリング、量産された丸いダイヤ、既製品の婚約指輪。「誰かと同じ物」ではなく、「自分達だけの物」を作りたい方は是非参考にしてください。

婚約指輪を見てお二人の思い出がよみがえるように

これまでの人生の中で通常は婚約指輪以上の金額のお買い物をされた事が無いと思います。だからこそ長い間身に着けられるものがお手元に届いて欲しいと心底思っているので、究極に絞り込んだ5つの選択肢から二人だけの婚約指輪を作れば、選んだプロセスも大事な思い出になりますし、数十年経ってまた新しいデザインのリングにリフォームしようと思った時に、「そういえばあの時ダイヤのカットから選んで作ったなぁ~」「あの時はまだこの子も生まれてなかったなぁ~」「まだ一緒に住む前だったね~」「プロポーズのあの場所今どうなっているかな?」とかそういったストーリーも引き継いで行けるのではないかと思います。

同じ形・同じサイズの石は他にあっても、同じストーリーを辿った石は世界に一つしかありません。宝石事態に財産価値はほとんどありませんが、そのストーリーやプロセスが宝石の存在価値を高めてくれると思います。

有名ブランドさんや他店では出来ないであろう、我々老舗宝飾品専門店だからこそ出来る、先代の社長である母がずっと押し出したくて温存してきたサービスです。婚約指輪を探していらっしゃる方!こんな素敵なダイヤもあるんだ~とか、こうやって選べるんだ~と思いながら、お二人にとって人生の大きな1ぺージ「婚約指輪選び」の参考にして頂けたら幸いです。

ちなみにこのサービスで作れる婚約指輪の値段の相場はダイヤのクオリティにもよりますが、大体25万~40万円位で作れると思ってご覧ください。

婚約指輪のダイヤの形(カット)を選ぶ

まずは婚約指輪の中央のメインとなる石「ダイヤモンド」の形と大きさをお選び頂きます。ダイヤの形についてなのですが、「ダイヤモンド」と聞いて多くの方が最初に思い浮かべるあの形。

きっと丸いダイヤを思い浮かべたと思いますが、ダイヤは丸だけだと思っていませんか?世の中の婚約指輪のダイヤはほぼ100%と言って良いほど丸いブリリアントカットです。しかも婚約指輪は丸いダイヤでなければいけない!とは誰も言ってないのに、「婚約指輪はダイヤモンド!」と一般的に定着して40年程経っても未だに婚約指輪は丸いダイヤが主流です。確かに丸いダイヤは計算しつくされた最も美しいカットとして世界的に有名ですが、我々宝飾店が強く思うのは「婚約指輪のダイヤは丸くなくてもいいじゃない!」ということです。丸以外にも素敵なカットはたくさんありますし、ジュエリーで使われるダイヤは丸以外の方が圧倒的に多いし、デイリーに使いやすいし、むしろ丸いダイヤはお行儀良すぎて可愛くないし…丸いダイヤである必要が無いことを言い出すとキリがありません。

なんでこんなに丸いダイヤである必要がないと言っているかというと、丸いダイヤはダイヤの値段を決める4C「カラット・カラー・クラリティ・カット」この内のカットグレードが唯一付く事もあり、ブライダル需要もある為、値段も高いです。値段もさることながら、丸いダイヤだと、「どこのブランド?」とか「何カラットのダイヤなの?」といった質問が周りの方から突然飛んでくるそうで、せっかく送った・もしくは送られた婚約指輪を他の何かと比べられてしまいやすいです。僕の気持ち的には「二人の大事な誓いの証を他と比べられるような物であって欲しくない」と思うので、だったら他と比べられない物をとことん選んで、デイリーに長く楽しめる自分達だけの唯一無二の婚約指輪をお届けしたいと思っています。

Galleがおすすめする婚約指輪に可愛いダイヤの形

少し話が逸れましたが、ダイヤのカットは何十種類もありますが、その中から当店が婚約指輪におすすめするポピュラーで可愛い形は以下のようなタイプになります。

ハートシェイプカット・エメラルドカット・クッションカット・オーバルカット・ラディアントカット・マーキスカット・ペアシェイプカット」この中からご自分の好みのカットをお選び頂きます。もちろんこれ以外の形でご指定があれば対応いたします。大きさについては後程ご紹介するリング枠とのバランスから考えて大きさの目安は0.2ct~0.6ctくらいがベストだと思います。

婚約指輪のダイヤモンドの留め方を選ぶ

決めたダイヤモンドをどのように留めるか「ダイヤの向き」と「ダイヤを留める爪」についてです。「ダイヤの向き」に関しては婚約指輪らしくしたいのであれば縦向き。デイリーに使いたければ横向きにセッティングします。

婚約指輪はダイヤの向きで使いやすさやイメージが変わります

婚約指輪につけるダイヤの留め方例①

縦向きにすると婚約指輪らしい可憐な指輪になり、リング部分の華奢さも際立って可愛らしいです。ただ、結婚指輪と重ね付けする時には隙間が空いてしまうのと、バッグの中から物を出す時などダイヤがリング幅よりも出っ張っている分ちょっと引っかかります。

婚約指輪につけるダイヤの留め方例②

横向きにすると出っ張りがない分スッキリしてシンプルで引っかかることがないのでストレスなくかなり長い期間お使い頂けます。デイリーユースに特化したセッティングなので、ザ!婚約指輪!という形ではないですが、オススメの留め方です。「ダイヤを留める爪」に関しては選んだダイヤとダイヤの向きとの相性を見ながら、当店がオススメする4種類の爪から選ぶことが出来ます。

Galleがおすすめする婚約指輪のダイヤモンドを留める4種類の爪

「オーソドックスな4本爪留め」「割り爪留め」「板爪留め」「ガードル巻き」この4つです。爪はダイヤのカットとの相性を見ながら選びます。二つ目はダイヤの向きと爪を選べます。

婚約指輪のリング枠を選ぶ

リング枠は3種類です。

シンプルな地金のリング(¥70,000)

婚約指輪のリング枠①のイメージ

腕にダイヤが入っているリング(¥100,000)

婚約指輪のリング枠②のイメージ

腕にダイヤが入ってメインのダイヤを取り巻くようにミル打ちされているリング(¥100,000)

婚約指輪のリング枠③のイメージ

先程申し上げたダイヤの目安の大きさとのバランスも考えてある3種類なので、ご自分の好みでお選び下さい。この値段プラスダイヤの金額で婚約指輪が作れます。リング枠を作る地金(金属)は相場物なので、リングを作る時期によって多少前後するかと思います。出来るだけこの金額に抑えられるように努力しますが、多少の前後はご了承ください。

婚約指輪の地金を選ぶ

選んだリングの地金(金属の色)を選べます。ここがカジュアルに使える婚約指輪にするかの大事なポイントになります。色の種類はホワイト・イエローゴールド・ピンクゴールド・シャンパンゴールドの4種類です。

Galleで選べる4種類の婚約指輪の地金

ホワイトゴールドの地金

婚約指輪の地金①のイメージ

婚約指輪といえばホワイトゴールド(Pt900やK18WG)が一般的ですが、ホワイトにするとダイヤの輝きも良く見える事もあり、かなりお行儀良くなります。

イエローゴールド・ピンクゴールドの地金

イエローゴールド・ピンクゴールドは最もカジュアルに使いやすい色としてオススメです。

シャンパンゴールドの地金

婚約指輪の地金①のイメージ

シャンパンゴールドは日本人の肌の色にとても馴染みやすく、一見ホワイトゴールドにも見えますが、実はシャンパンゴールド!といった自分だけが知っているこだわりポイントとしてお選びになるのも良いです。他にも時計・バッグなどの小物の金具の色を統一している方や、肌の色との相性によって分かれますので、好みの物をお選び頂くと良いかと思います。

婚約指輪のリングのサイズと内彫りを選ぶ

リングのサイズはご来店頂いて左手薬指の正確なサイズを測って完成です。よくお客様に「そんなことできるんですか?」とビックリされるのですが、1号2号とか1番2番とサイズの基準があるのですが、指のサイズによっては7番と8番の間、7.5番とか7 1/3なども作れますので、正確なサイズを測れますのでご安心ください。

内彫りはお好きな文字を入れられます。オーソドックスなものですと、プロポーズした日・入籍日・結婚記念日などの年月日に贈った方のイニシャル to 贈られた方のイニシャルが一般的です。

以上で完成となります。ざっくりの相場は25万円~40万円

納期は1ヶ月半見て頂ければお二人のお手元に届くこととなります。

婚約指輪の完成イメージ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

当店は創業50年の老舗宝飾店なので、たくさんのお客様のジュエリーの相談を承っております。当店のお客様・奥様方のほとんどが「昔のデザインだから着けられない」と仰って、タンスの奥底で宝石箱に入り当時の姿のまま、言葉も発せず静か~に、光に当たりまた輝けるその日を待ち望んでいるわけです。

これだけの情報社会ですから、インターネットや雑誌などの情報を駆使し、「婚約指輪はこうでなければいけない!」という定義は全くないので、安心してお好きな物を身に着けられるように考えて頂ければと思います。

「せっかく拘って作るのだから、長い間身に着けて欲しい」と心底思っています。

繰り返すようですが、同じ形・同じサイズの石は他にあっても、同じストーリーを辿った石は世界に一つしかありません。宝石事態に財産価値はほとんどありませんが、そのストーリーやプロセスが宝石の存在価値を高めてくれると思います。

これだけの情報社会、色んな答えが数秒で調べられても、二人が考えて選んだプロセスはどこを探してもヒットしません。二人で時間をかけて考えた想いやプロセスが婚約指輪に尚一層の輝きを与えてくれることでしょう。一生の内でも決して安いお買い物ではありません。こちらの記事を参考に充分に婚約指輪選びをお楽しみ頂ければと思います。

それでは皆様のご来店を心よりお待ちしております。

↓galle Instagramはこちら↓